肌の味方の常在菌を知ろう

肌に存在する常在菌というものを聞いたことがあるかもしれません。常在菌とは単なる有害な雑菌とは異なるもので、肌にとってプラスになる働きをするものも存在するのです。顔の皮膚に存在する常在菌は大きく2つあり、そのうちの1つが表皮ブドウ球菌です。これはアトピー性の皮膚炎の原因になる菌を倒し、美肌に導いてくれる役割を持っているといわれます。

ビハキュア

表皮ブドウ球菌は肌の角質の小さな隙間などに潜んでいるため、角質落としのケアや洗顔のし過ぎには要注意です。過剰な肌ケアにより、必要な表皮ブドウ球菌まで倒してしまう可能性もあるでしょう。この菌は美肌菌とも呼ばれており、顔の肌だけでなく全身の肌に潜んでいるそうです。顔はもちろん全身の美肌を手に入れたいなら、過剰な洗浄は避けた方がいいですね。運動などで自然と汗をかくことは、表皮ブドウ球菌にとって好ましいといわれています。これは、この菌が汗を好み、栄養にするためです。表皮ブドウ球菌の働きを強めるためにも、適度に汗をかく運動は推奨されます。

もう1つはアクネ桿菌と呼ばれる菌です。以前ではニキビの原因になるとされていたこの菌ですが、昨今では肌を弱酸性に保つ役割を果たしていることが分かっています。これらのように顔に潜む良い菌があることを知ると、過剰なケアをせずに済むようになるかもしれません。適度な肌ケアで、美肌に近づきたいものですね。