昭和生まれおっさんの肌の悩み

あなたの肌の悩みは?と聞かれれば、私は即答できます。

ズバリ「カミソリ負け」と「オイリーな肌」です。アスハダの最安値通販は?

30を超えたオッサンである私は、一般的な人より濃いめのヒゲを、毎日電気シェーバーで10分ほどかけて、剃っていきます。

教育資金や住宅資金に消えていく私の給料からは、高級シェーバーを買うことはできず、家電量販店のワゴンで売られていた約3000円のシェーバーが私の相棒です。

当然、安いシェーバーは性能もそこそこなので、わたしの濃いヒゲをワンストロークで剃り上げることはできません。

その結果、上から下に、下から上にと何度もワゴンシェーバーを肌に押し当てることになります。

当たり前ですが、肌はボロボロ。血が出るのも日常茶飯事です。

ひげ剃り後は、私のもうひとりの相棒であるギャッツビーの薬用スキンケアウォーターでお肌のケアをしています。

ヒゲ剃り直後にスキンケアウォーターを塗るんですが、とにかくしみます。。。

しみているのが、肌にとっていいことなのか、悪いことなのかの判断もつかないまま私は毎日スキンケアを行っています。

カミソリ負けでも十分悩んでいる私を、オイリーが追い打ちをかけます。

もともと汗っかきだったのもあってか、少し動くとすぐに顔がベタベタになります。

学生のときは流行っていたあぶらとり紙をよく使っていましたが、いまいち好きになれず(というより30超えてあぶらとり紙は使いづらい…)、最近では職場にもタオルを持っていって顔を洗っています。

ただ、化粧水は持ち歩いていないので、洗った顔はそのままの状態です。

化粧水でフォローせずに顔を洗うことが、結果的にいいのか悪いのかも分からないまま、顔を洗う毎日です。

日々、「カミソリ負け」と「オイリーな顔」に悩んでいるわたしですが、たいしたスキンケアはやっていません。

ですので、将来自分の顔がどうなるか、正直不安もあります。

テレビを見ていると、何種類ものスキンケア用品を使っている男性も見かけます。

ハッキリ言ってそこまでしようとは思いませんが、いまのままのスキンケアでは将来シミ・シワ・たるみなどができて後悔してしまうかも、という不安な気持ちもあります。

それでも、毎日の行動を変えないのは、面倒くさいからです。

ハッキリ言って、面倒くさいからです。

もう、ヒゲ剃りだけで面倒なのに、その後に何種類も化粧品を使って肌をケアするっていうのはたぶんムリだなと思っています。

今後の予定としては、オールインワン的なスキンケアをやってみようかと思っています。

将来老けて見られたくない…けど入念な肌のお手入れは面倒くさい…

そんな私の妥協点はオールインワンスキンケア商品です。

次のボーナスでは妻に高級シェーバーとオールインワンスキンケアを直談判する予定です。