コンプレックスだった私の肌。

私は母親譲りの色白です。白いだけならいいのですが元々頬にあるそばかすやシミ、ほくろなど余計に目立つ方でした。
それでも学生の頃はさほど気にしておらず、部活動も野外スポーツで日焼けをガンガンにしていました。もちろん強めの日焼け止めクリームを塗っていましたが、途中で塗り直すことはしていなかったので甘かったのでしょう。真っ黒に焼けました。

透輝美トライアルキットを辛口評価!数ヶ月間使用した効果と私の口コミ!

大学生ではお化粧をするようになり周りの目を気にしだしました。そして日焼けの影響なのか顔のシミやそばかすは広がって濃くなり、ホクロは顔と腕を中心にたくさん増えてしまいました。友達を見ると皆キレイな肌だったので、こんなのは私だけだ…とこの頃からコンプレックスに思うようになりました。

どうにか薄くならないか、隠せないかと色んな化粧品を使ってみたり、コンシーラーで隠してみたり、ケシミンを塗り込んでみたり試行錯誤しましたがどれも結果は出ませんでした。
しかしそんな時、友達の1人が「キレイな肌してるね~」と言ってくれたのです。私は驚きました。だってこんなにホクロあるのに、シミだってそばかすだって…。けれど気づきました。おそらく自分が思うほど周りは気にしていないんだ、それなら私もこんなに悩まなくてもいいんじゃない?と。

それからはコンシーラーで隠したりせず低刺激の化粧品に変えたのみで過ごしましたが、割と平気でした。これまで悩んでいたのが嘘のようでした。
あの友人の一言が、人目を気にしてコンプレックスに思う気持ちを消してくれたのです。あの言葉がなければ私はずっとコンプレックスを抱えたままだったでしょう。今でも友人には感謝しています。