30代に突入した私のこれまでのお肌の変化について

今年の6月で30歳になり、様々なお肌の変化を実感しています。
高校生の頃、額のニキビは気になっていたもののそれ以外に悩みはありませんでした。しかし真夏の炎天下で部活をしていたため、日焼け止めを塗っていても真っ黒に日焼けをしていました。

ネオちゅらびはだの悪い口コミや悪評を徹底調査!真の効果を辛口レポート!

部活を引退した後くらいから鼻の毛穴の角栓が気になり始め、パックなど色々対策を行ってきました。
20代前半でシミやソバカスも気になるようになりました。
25歳になったある日ふと鏡を見ると涙袋の下にシワがある事に気が付き、保湿を心がけました。

26歳、27歳で出産し、自分の顔を見る余裕のない日々を過ごし、30歳になった今頬の毛穴の開きやたるみ、瞼のたるみや顔全体の乾燥が気になるようになりました。
日焼けは良くないと分かってはいるものの、小さい子供が2人いるのでついついすっぴんのまま外に出てしまうこともあります。

現在はトラネキサム酸やセラミド、レチノールなどが配合されている化粧品を使ってケアをしていますが、専業主婦なのでできるだけプチプラのものを揃えています。
以前は毛穴の詰まりを取るケアをしていましたが、お肌にとって良くないという情報をよく見かけるのでできるだけ取らないように優しくケアすることを心がけています。
子育てが一段落したら、もう少し自分のお肌にお金や時間をかけたいと思っています。