マッチングアプリで出会った人

私はマッチングアプリをしていたんですけど、マッチングアプリと言ってもTinderなんですけど、Tinderって基本そう言う目的の人が多いって有名なアプリなんですよ。私は主に楽しく会話して信用できる人なら会ってみて友人関係になれればなって思ってたんです。Tinderを使って3人に会ったんですよ。

http://www.ejgold.org/

一人目が結構タイプで顔も性格も良くてドライブとか連れてってくれたり日帰りの小旅行みたいなのとか行ったりして仲良くしてたんですけど急に連絡が取れなくなって関係は終わりました。2人目は1度しか会わなかったんですけど、その理由が距離感が凄く近くてカラオケに行ったら真横に座ってきたんです。テーブルを挟んだ向こう側にも椅子があるのに真横!?って驚いてしまって、それも肩が当たるほどぴったり真横でちょっとって言うかだいぶ引きました。

その方は顔もあまりタイプでは無かったので2回目はなかったです。3人目は現在もお付き合いしている方で、初めて会った日に意気投合して相手から告白されてお付き合いし始めました。同じ大学と言うこともあって出会い方はマッチングアプリなんですけど私は彼の顔を知っていたのでライクしました。相手は私のこと知らなかったです。マッチングアプリ楽しくていいアプリなんですけど中には変な人もいるから用心して使うアプリでした。

経験豊富だからこそ、熟年だって恋愛したっていいんじゃない?

私の主人は令和2年2月に他界しました。現在は16歳の次男と2人暮らしです。
次男は料理男子で、綺麗好きで、家事をよく手伝ってくれて、私は幸せ者です。
そんなふうに母子仲良く暮らしていても、次男が9時に寝てしまうと、一抹の寂しさを感じていました。

バツイチ婚活情報局 | 再婚相手が見つかる出会いの場を紹介

そんな私に先月、とあるSNSで素敵な出会いがありました!
考え方のしっかりした、尊敬できる11歳年上の男性との恋が始まりました。
お相手の自宅は我が家まで車で1時間以上かかる距離がありますが、「このくらいの距離、全然平気だよ」と言ってくれています。
16歳で思春期の次男にも、ちゃんと「ママはお付き合いしたい男性ができたんだけどどう思う?」と相談したところ、
「わかった。いいんじゃない?」と理解してくれました。

彼が「息子さんと面識を持っておきたい」というので、彼と次男と3人で一緒に食事に2回行きました。
次男は思春期なので、内心どう思っているかはわかりませんが、特に嫌がることもなく、彼と普通にしゃべり、
次男が得意なパソコンの音楽のリミックスの話を彼にしてみせると、

彼は「すごいね!たいしたもんだ!」と褒めてくれて、次男は上機嫌でした。
私たちの一日は、彼が深夜から早朝の仕事をしているため、朝5時過ぎの通話で始まります。
私は5時少し前にもともと起きていたので、それを話すと、彼が5時過ぎに仕事を終えて電話をくれるようになったのです。
仕事の後で疲れているはずですが、話ははずみ、1時間前後毎日話しています。
午前中は彼は休むので、その間はラインを送ったりせず、しっかり眠れるよう心がけています。

その間私は在宅ワークを主にこなしています。
昼頃彼が起きるとラインをくれるので、やり取りが始まりますが、彼には副業があり、忙しい時には「仕事を優先してね」と伝えています。
暇な時や仕事の合間には、ラインでのやりとりで、いろんなことを話します。

夜、彼はもともと11時ごろ寝ていたそうですが、私に合わせて9時に寝るようになりました。
お互い布団に入ると、少しだけイチャコラチャットです(笑)
デートは、コロナ渦なので基本おうちデートです。
彼は昼間時間の融通が利くので、息子が学校に行く平日に我が家にきてくれます。
彼が食べたいとんこつラーメンを買ってきたので、お昼に私がささっと作り、
ネギ・紅ショウガ・チャーシューをトッピングして、2人で楽しく食べました。
こんな幸せが続きますように。

バツイチアラフィフの再婚事情

妻アラフィフ、夫アラフォー。妻バツイチ、夫バツ2。
出会いはマッチングアプリ。お互いに再婚願望があったわけではなかったのですが、一人ではなんだかつまらなさを感じることもあり、楽しく付き合えるパートナーが欲しいなぁというくらいの、軽い気持ちでした。

医者と出会う婚活サービス!

妻は都会に移り住みたいのと、自分の職場や知人に、もし自分がマッチングアプリに登録していることがバレたら恥ずかしいということもあって、他県の異性との出会いを求め、自分の居住地を偽り、登録していました。何度となくマッチングを繰り返し、マッチングした人と直接会うことも多々ありました。その中でお付き合いにいたったこともありましたが、結婚する気はサラサラありませんでした。

ある日、妻はなんとなく、同県の異性ではどんな人が登録しているんだろうと、軽い気持ちで写真を見ていました。そんな中で目に留まったのが現在の夫でした。同県といっても世の中は広いものだし、直接会うかどうかもわからないし・・・と、ホントに軽い気持ちで「いいね」を押したのです。そしたら相手からも「いいね」が返ってきて・・・数回アプリでやり取りをした後、Lineの交換をしました。

何度かやり取りをするうちに、お互いの住んでいる場所が車で1分くらいのかなり近い距離であることがわかり、これはマズイっということで、会う前に、Lineのやり取りはフェードアウトさせました。そして1年後・・・まさかのLine復活、そして再婚という、本人も周りもビックリの展開になるのでした。

異性を意識する強烈なきっかけ(1)

これは幼稚園から家族絡みで交流のあった幼馴染の女の子へ、過去を悔やむ愚かしい男性の話だ。
女の子と男の子は小さい頃からの顔見知りで、好きな食べ物も好きな遊びも、何と誕生日も同じだった。
ベタな話だが、女の子と男の子はその言葉の意味も重さも分からずに大きくなったら結婚すると約束していた。

http://www.homoludicus-sabadell.org/

両家の両親はそんな二人を微笑ましく見守っていてくれたのを、今でも覚えている。
婚約の約束から月日は流れ、互いに見て見ぬ振りが出来ぬほど、体と心に変化を帯び、女の子は女子に、男の子は男子と呼称が変わり、
段々とお互いの人間関係を築き疎遠になって行く。女子も男子も遊ぶこと、友情を一番に意識するようになっていたが、
事態が動いたのは、二人の誕生日を両家族合同で祝うことになったことがきっかけだった。

お祝い会は女子の家でする段取りとなっており、扉を開けることに懐かしさを覚えるほど、
すっかり疎遠になっていた女子と男子だったが、いざお互い顔を付き合わせて話すと昔から気心知れた仲だったということもあり、
お互いの近況報告や、自身に近しいグループの恋愛の話などで盛り上がった。

当日は家族を交えてお祝い会は女子の家で行われていて、一頻りリビングで談笑した後、男子は女子からプレゼントを渡したいからと言われ、女子の部屋に一人連れ出された。
女子の部屋に入ると、昔とは見違えるほど模様替えのなされた部屋に男子は面食らう。
ここで初めて変化に気づく、自分は異性の部屋にいるという事実に、そして目の前の女子の様子が明らかに可笑しいことに、、、。

綺麗に包装されたプレゼントを女子は消え入りそうな声で突き出す、男子は謎の緊張感に当てられてモゴモゴとお礼を告げる。
数秒の沈黙の後、女子が口を開いた。小さな声で、ずっと前から好きでした。と男子に告げる。
男子にははじめ自分に告げられた言葉の意味が理解できなかったが、聞き取った音を頭の中で再生し続けるとようやく段々と意味を理解しはじめ、
理解が進むに連れて、同調するように顔に熱を帯びるのを自覚する。目の前には不安で消え入りそうな女子がいるが、男子はそんな様子に気づく余裕はない。

なぜ、どうして、が頭を支配する。そんな様子の男子を見て、女子は咄嗟に返事は後日でも大丈夫だと告げ、部屋を出て行く。
この後、涙目でリビングに戻った女子を見て、あらぬ誤解で男子が叱られる。二人の恋の行く末は、どうなるのか、、、。

25年間恋人がいなかった理由

私に25年間恋人がいなかった理由。それは、
【トキメキがなかったから】
簡単に言えばこれです。トキメキより正直不安の方が大きかった。
そりゃ彼氏もできないよな~、と自分で思います。
さらに詳しく、私の経験と現在に至るまでを紹介したいと思います。

結婚できない自衛隊へ!本気の出会いが見つかる婚活サービスを紹介!

[目次]
・20歳 キラキラ期
・21歳~22歳 遊びまくり期
・23歳 繰り返しの日々期
・24歳 やけくそ期
・25歳 開き直り期

○20歳 キラキラ期○
成人式ではみんなから「変わったね~!」「大人になったね!」と言われ、それはそれは調子に乗ってましたね(笑)
成人式の二次会では男の子達から「彼氏いるの?」と聞かれることがあって、内心
【え?私ってモテてるようにみえるの?】と思っていました。連絡先を聞かれることもあったし、これはきっとモテキ。

○21歳~22歳 遊びまくり期○
短大生活にも余裕が出てきたとき、人生で初めてのバイトを始めました。
バイト友達に誘われてよく合コンに繰り出していた日々。
いいな、と思った人がいたものの何回かご飯に行くだけで発展せず。

○23歳 繰り返しの日々期○
合コンのお誘いもなくなり、家と職場の往復の毎日。
毎日同じ、仕事して家帰ってゆっくりして寝る。刺激なんて何にもなかった。

○24歳 やけくそ期○
言霊を心底信じて「彼氏絶対作る」と言っていました。
自ら紹介して!と言いまくってたし、
紹介や誘われたイベントには全部行っていました。

○25歳 開き直り期○
一周どころか何周も回って「彼氏いらないんじゃね?」という結論に。
昔から大好きだった韓国にさらにドはまりして、韓国語の勉強を始めて没頭できる趣味を作りました。
その結果、毎日趣味のために仕事を頑張り、充実した毎日を送れるように。

【現在】
韓国語が好き!という趣味から、なんと彼氏ができました。
言語学習アプリを利用していて、毎日その人と連絡をしているうちに、中身が素敵な人と出会いました。
どこで彼氏ができるかなんで本当にわからない。
出会いは正直なんでもいい。出会った後が大切。
悩みはたくさんありますが、小さいことにもトキメクことを忘れなかったら
きっと豊かな時間を過ごせると思うのです。

経験から学んだ私の恋愛観

私は決してモテるタイプの人間じゃない。
でも、それなりに恋愛は経験してきた。

結婚できない自衛隊員にオススメの婚活!

1番初めにできた彼氏は15歳上だった。しかも15歳差だと知ったのは付き合ってから2年程経ってからでした。
彼の本当の名前を知ったのも2年程あと…。今にして思えば「こいつなんなの?」な男なんですが、恋愛初心者だった私は惚れた弱みで、自分の素性をのらりくらりとはぐらかし続け、束縛が激しく、行動に落ち着きがない、そんな男と5年も遠距離をしていました。
この時の私は頭がおかしかったんだと思っています。

結局、別れる時も私から別れを切り出しましたが、なぜか私がフラれた感じになって、「もう別れるからいいや」と思ってほっといたら、メールがたまにくるようになり、その内容も 「犬飼い始めた」と写真付きで送ってきたり、飲み屋の女と付き合ってトラブルになってる…など、どうでもいい事を送ってきたので、はっきりと「もうメール送ってこないで」と言ったら、「友達として付き合いたい」と言われました。

私の中では、恋人→友達という概念がないので、「付き合っていた人と友達になるとか私の中ではありえない事だから、迷惑だからやめて」と言ったら、それからは送ってくることはなくなりメアドも変えました。

この人と付き合ってわかった事は「価値観」です。全く同じ考えや価値観の人はいないというのは当たり前で、違う価値観を持っていても、許せる人許せない人っていると思うんです。私は付き合っている当初からこの人の価値観がどうしても許せないところが多くて、よく喧嘩をしていました。喧嘩するほど…とはいいますが、喧嘩はしないに越した事はないです。常にイラついていた記憶があります。

経験が物を言うってまさにその通りで、経験しないと自分の中の考え方に気づけなかったりするので、恋愛も経験だなと思う40代の独り言でした。

男女の距離間において重要なこと

中学生や高校生、社会人どの世代の恋愛においても相手との距離感というものはとても重要です。近すぎても遠すぎてもいけません。適切な距離間を保つことが重要です。

医者と出会いたい女性の婚活!

・距離が遠くなってしまう場合
遠くなってしまう傾向にあるのが遠距離恋愛です。遠距離恋愛は「すぐに会えない」という状況なので、どうしても距離が遠くなってしまいます。そこで、2人のルールを決めることが大切になります。例えば、夜の11時から忙しくても30分以上は電話するなどです。毎日関わりを持つことは適切な距離間を保つことにとても重要になってきます。しかし、達成するのが難しすぎるルールはおすすめできません。毎日絶対に達成できるルールを2人で相談して決めることが大切です。

・近すぎてしまう場合
同棲していたりすると、毎日同じ空間にいるわけですから、必ず距離が近くなります。しかし、距離が近くなりすぎてお互いの知らなくていい部分まで知ってしまったり、喧嘩になってしまう場合が多々あります。大切なのはどんな状況においても1人の時間をしっかりと取ることです。1人の部屋を家で作り、趣味に没頭したり仕事について考えるなどしてみると良いです。逆に今度の2人で休みの日に出かける場所や相手との時間を振り返るなどはNGです。その時間だけは、相手のことを考えず自分の時間に使いましょう。

・まとめ
遠すぎるのも近すぎるのもいけないという難しい部分ではありますが、異性と付き合う上で距離間は最も重要と言っても良いぐらいです。最近喧嘩が多かったり、相手との連絡が少なくなったりする場合は1度距離間を見直してみてはどうでしょうか?さらに相手と長く良い関係を築くことができるでしょう。