英語の成績良かったのに全く会話ができなかった

学生のときは英語が得意で、常に評価は5でした。

文法は簡単だと思っていたし、単語もある程度は勝手に覚えていきました。

https://alliedhighschool.com/qqenglish-reservation/

学校での成績が良く、気分を良くした私は、大人になってから英会話スクールに通うことに。

そのスクールは、外国人とのマンツーマン・レッスンで、日本語を使うことは禁止されていました。

しかし、私の自信は、そのスクールの一日目であっけなくズタボロにされました。

外国人講師の話している内容が、最初の挨拶以外、何も聞き取れなかったのです!

質問したくとも英語が口から出てこないので、何も話せず。

何も話が通じないまま、あっけなく1レッスンが終了してしまい泣きそうになったことを覚えています。

そこで初めて、英語の成績が良い=英語が話せるではないということに気付きました。

覚えたはずの単語も、決して大した数でないことにも気付かされました。

文法を覚えたからといって、とっさに会話ができるわけでもありません。

英会話の上達には、今までの勉強の仕方とはまた違ったやりかたがあるのではないかと感じました。

一番は外国に住んでしまい、英語を使わなければ生活できないくらい追い込まれることが何よりの英会話上達の道ではないかとおもった次第です。

英会話をできなくさせた学校教育~私自身の体験談より~

英語を話せたらどんなにいいだろうか?

私が浅草を歩いていた時に外国人の人に道を訪ねられ、非常に困った経験がある。

その場はしどろもどろになりながらも、身振り手振りのジェスチャーで説明しなんとか理解してもらったもののやはり、英語話せた方がいいな。と思った次第である。

1月限定キャンペーンで最大5万円お得!QQイングリッシュ・QQキッズのクーポン

外国人の人と会話をする際まずは英語からいったん日本語に変換して内容を理解しようとする。

つまり会話を文法で考えてしまうため、1単語でも知らない単語があったらパニック。

自分の知らない単語の意味をあれこれ想像し、

無理やり言葉の響きから、無理やり日本語に結びつけてしまいおかしなやり取りになってしまう。

私の中学校や高校での英語の授業は、テキストでの文章の読解であり、テキストで書かれた英文はわかっても、テキストで書かれていないものに関しては、学校の中で学ぶ機会がほとんどなかった。そのことが私が英会話に対する自信を失くしている要因の1つである。それゆえ、私自身が英会話を上達させるには英会話スクールに通い、文法ではない会話の流れをしっかり学ぶ必要がある。とはいえ私の職場には外国人の方がいないため、英会話を使う機会はほとんどない。必要性がないため、英会話を学ぶ機会をどんどん失い、話せないことが自分のコンプレックスにつながっている。

英語の授業に関して、今は以前みたいな読解だけではなく授業で会話を中心としたカリキュラムが組まれている。早い時期から英語に慣れる環境が作られている。

正直、今の私にとっては羨ましい限りである。

ああ、もっとしっかり会話を学校で習いたかったな。