お風呂上りの肌のカサカサ、痒み、乾燥の悩み

お風呂上りの肌について悩んでいます。

前までは特にスキンケアなどは気にしない生活をしていたのですが、最近は季節の変わり目などでお風呂上りの肌のツッパリ感や痒み、乾燥が気になり始めてきました。

特に秋、冬、春で寒暖差が激しい時期になってくる強く肌に出てくる気がします。

モイスポイントは販売店で市販されている?私の口コミと効果をこっそりご報告!

最近ではお風呂上りに保湿の為に乳液を塗るようになって少しは軽減しましたが、お風呂から上がってすぐに顔のツッパリはどうにかならないかな?と思いどうやったら乾燥が軽減できるか調べてみたらお風呂の入浴方法問題があることに気が付きました。

私が普段入っているお風呂の温度は42度なのですが、42度以上で入浴すると余分な皮脂のほかにも肌の保湿に必要な皮脂まで洗い流してしまうようで、他にも15分以上湯舟につかるのも余分な皮脂を流す原因になっていたようです。

そこで実際にお風呂の温度を40度まで下げて入浴してみたところ、以前より少しだけツッパリ感と乾燥してカサカサした印象が軽減できたような気がしました。

私の場合は熱めのお風呂に入るのが好きなのでお風呂の温度を40度に設定しましたが、大体38度前後で10分ほど入浴した方がよりお肌の乾燥防止に効果があるようです。

お風呂上りのお肌の乾燥が気になる方は実践すると効果を感じられると思います。

体重が増加した時に私が取った方法

もともと痩せ気味だった私は、どんなに食べても太りにくい体質でした。

ですが28歳になった頃、同じような生活を繰り返していただけなのに、

体重がいきなり5kgも増えてしまったのです。

おなか周りに肉がつき、鏡に映る自分の背中を見て驚きました。

このままではまずい。そう思って以下の行動を取りました。

①【食事バランス】

今まで炭水化物ばかり、そして好きなものばかりを食べてきましたが、

野菜を増やすこと、米の量を減らすこと、栄養バランスを考えた料理にすることを心がけました。

http://www.forndelsencants.com/

②【運動】

週2回、体を動かすことを習慣にしました。

思えば、学校を卒業してからはほとんど運動をすることがなくなっていたので、

ジョギングやウォーキング、キャッチボール、腕立て伏せ、スクワットなど、

その日の気分に合わせて取り組めそうなものを取り組むようにしました。

③【間食を減らす】

口が寂しくなったらすぐに、チョコレートや焼き菓子など、甘いものを食べ

あわせてコーラやサイダーなどの甘い飲み物を口にしていましたが、

それを見直しました。全て禁止にしてしまうとモチベーションに影響が出るので、

量を徐々に減らすことを行いました。

以上3点を実践することによって、もともとも体重に概ね近づけることができました。

習慣を変えることは簡単ではありませんでしたが、

一度新しい習慣が身についてしまえばあとは実践あるのみだと思いますので、

これからダイエットを頑張ろう、と思っている方に

少しでも参考になれば幸いです。

好きだけど嫌いなわたしの髪の毛

広がるタイプのくせ毛、うねり、パサつき。
小学生の頃はサラサラストレートだったのに、成長するにつれてパサパサモワッウネウネ。

ヘアリシェ育毛エッセンス

毎年梅雨の時期は最悪だ。通学前、通勤前に一生懸命オイルをつけて、アイロンかけて、よし完璧!と思っても、玄関から1歩外に出た瞬間。あんなに時間をかけてセットした髪の毛は一瞬で元通り。女の子にとって髪の毛は命という言葉があるように、わたしもしっかり女の子のようだ。セットした後に自分の元の髪の毛に戻ると、わたしの気持ちは海よりも深く沈み込む。

そんな髪質だから、長年縮毛矯正でなんとか誤魔化してきた。伸びては切って矯正かけて。だけどここ2年、縮毛矯正をかけるのを辞めた。
きっかけは美容院に行くのがめんどくさいから。最初はそんな理由だったけど、なんだかんだ、自分の髪質が好きになったからというのも理由の一つ。
パサパサ、広がるのは嫌だけど、それも含めてわたしだし。パーマかけなくてもウネウネするし。

だけどやっぱり定期的に矯正かけたいなあと思う時が来るわけで。今まさにその時期なんだけど、引越し、退職とか諸々重なってお金がないので結局かけられず。
まあ、これもこれで今はこの髪の毛を大事にしなさいっていう神様からのお告げだと思って、今日も朝からセットしています。

ブリーチによるダメージとその補修

K -POPアイドルを好きだった頃、ハイトーンカラーに憧れがあり全頭ブリーチを2度ほどしました。さまざまなカラーを楽しむことができましたが、色落ちが早いので少し残念でした。さらに髪質がかなり落ちてしまい、シャンプーが泡立たない・ドライヤーで乾かない・ヘアセットしてもパサパサになる等の問題も発生。洗い流さないトリートメントやヘアパックなどの対策もほぼ効果がありません。そのうち金銭面でも問題になってきたため美容室へカラーに行く回数も減ってしまいました。

ノ・アルフレを使った私の口コミ!感想から解約方法まで全て暴露します!

どうにかして髪質改善したい!

そこで出会ったのが、『ヘアバター』でした。ほとんどがトリートメント成分で構成されており、ヘアケアしながらカラーリングできるという優れ物。実際に使ってみると、カラーコントロールや染め方は難しいですが髪へのダメージは少なかったです。

その後は、ダメージ補修を最優先にしています。パサついた毛先をカットしたりカラーリングせずに色落ちを楽しんだり。見た目では効果が出ているのか分かりませんが、自分で髪に触れてみると以前より柔らかい毛質になったように感じています。今後も継続してヘアダメージの補修をおこない、サラサラな髪を目指していきます。

この経験から、ブリーチをするときは安易に全頭を選ぶのではなく部分的にやってみたり美容師さんとよく相談したりするのが最善だということを学びました。

そのお肌の悩み、洗いすぎが原因かも?!

昔から肌が敏感でした。すぐに赤くなるしかゆくなるしピリピリするし…。家族は肌が強くてきめ細くきれいなのに…と比べては落ち込み、なぜ自分だけ肌が弱いのかが悩みでした。周りの目を気にする十代から色々な雑誌を読んだり、自分のお小遣いの範囲でコスメを試したり。

ビューティーオープナージェル効果!

結果はどれもいまいちでした。どの洗顔フォームを試しても顔はピリピリするし、どの化粧水をつけてもしみて痛い。なぜ体の皮膚はきれいなのに顔だけ荒れるのだろう…。そんな疑問から体の皮膚の状態を観察すると、顔に対しては「洗いすぎ」「つけすぎ」なのではと考えるようになりました。

なぜなら、肌のきれいな家族は、あまり肌にかまわないのです。私の場合は気にしすぎるあまり、丁寧に時間をかけて洗いすぎることでさらにバリアが弱り、さらにその弱った肌に化粧品がしみてトラブルにつながっていたようです。

このことに気づいてからは、朝はぬるま湯洗顔・低刺激の化粧水のみ・夜はジェルクレンジング・どのシーンでも「絶対に肌をこすらない」を徹底しています。すると、だんだん荒れた肌が回復し、最近では気にならなくなりました。むしろ「なんの化粧品使っているの?」と聞かれることもあるくらいです。

いろいろ使っているのに全然効果を感じられない、という方がいたら、プラスではなくマイナスの発想で、「洗いすぎない」「つけすぎない」「絶対こすらない」を意識してみてください。肌のベースが整うと、今使っている化粧品の効果も高まると思います。

辛くない100gダイエットで、-3キロ

仕事を辞めて急に運動量が減ったころ、徐々に体重が増えていることに気づき始めました。それで、筋トレしたりウォーキングしたり、食事制限したり、糖質オフをしてみたり、夜6時以降何も食べないというのをやってみたり、本当に様々なダイエットを行ってみましたが、長続きしませんでした。どれも辛いんです。

http://moeyo-surya.jp/

でもそんな中で成功したのが、100gダイエットです。これは、1回の食事が100g以内であれば何を食べてもいいというダイエット方法です。100gって、どれくらいか想像つかないかもしれませんが、案外少ないんです。でも、なぜか辛くない!その理由は、1時間経過すればまた100g食べてもいいからです。

最初の100gは辛いです。もっと食べたい、こんなんじゃお腹空いたままだよ~と思うのですが、すぐに1時間後になり、また100g食べることができます。それでもまだお腹はいっぱいにならないのですが、ちょっと我慢したらまた1時間後に食べることができます。これを繰り返していると、だんだん1時間経過しても食べたい気持ちにならなくなってきます。そのうち徐々に胃が小さくなっていくのか、100gだけである程度満足できるようになり、次の食事が2時間後になり、と食事の感覚も変化していき、特に辛いという感覚もないまま1か月経過後には3キロのダイエットに成功していました。辛くないダイエット希望なら100gダイエットお勧めです。

白髪が気になる若者必見!のおすすめ白髪染め!

中高生の頃から、白髪に悩んでいる方いませんか?
なんでこの年齢で生えてくるんだろう・・・。「苦労してるんだね」なんて大人に言われたりして・・・。
その気持ちわかります!私も、思春期の頃から白髪に悩んでいた一人です。

http://www.thebath-room.com/

「1本や2本だから大丈夫」なんてことを家族から言われるのですが、本人にとってはとても大きな問題です。周りの友達にないものが自分にあることが、いかに不安であるかは思春期を経験した人なら想像できると思います。

そんな思春期真っ只中の高校生達におすすめするのは、カラーで部分染をすること。シンプルではあるのですが、白髪は白髪染めでのみ染めるイメージがあると思うのでなかなかする機会がないとは思います。そんな白髪なのですが、意外と染まります。私が使用したのは、「マニックパニック」というカラートリートメントなのですが、これが意外にしっかりと染まります。カラーも色々な種類があり、お好きな色を選んで個性を出すことも可能です。

そんな派手に染めたら目立ってしまうのではないか、そう思う方も多いと思いますが、部分的なので大丈夫です。トリートメントですので、白髪以外の黒髪にはほぼ染まりません。なので、派手な色を選んでも部分的に楽しむことができて、よほどあなたの事をみているオシャレな人ではないと気づかないハイレベルなオシャレが楽しめます。

また、トリートメントですので色もちは毛染めより早く落ちるのですが、若い方の頭皮を髪を痛める心配はありませんので安心して使えます。
ぜひ、試してみてください!

ニキビができやすいわたしが気をつけていること

わたしは小学6年生か中学生くらいの頃からずっとニキビと戦ってきております。わたしの両親はそこまでお肌が荒れておらず、姉妹もキレイな方だと思いますが、わたしだけなぜかお肌にトラブルが多いです。

ラントゥルース

ですので、周りの友人、家族以上にいろいろなスキンケアを試しに試してきました。わたしのスキンケアスタイルは下記なのですが、なにか改善すべきことがあるのかは、本当にわからないですし、なぜここまでお肌の荒れがなおりずらいのか原因不明です。今までは化粧水前に導入剤をつかっておりませんでしたが、つかうと化粧水のお肌に入る感じがすごく良いと友人からきいたり、YouTubeで見たりしていましたので、導入剤をつかうようになりました。

スキンケア使用アイテムは、導入剤がキールズ スーパーセラムで、化粧水はEasydewリペアコントロールオールカーミングトナー、セラムはEasydewリペアコントロールアクティブスージングセラム、ポイントでEasydewリペアコントロール、リペアコントロールEGF、クリームはEasydewリペアコントロールリニューアルモイスチャー、そして美容液はキールズハーバルオイルコンセントレートを使っておりまして最後の締めにはいつもパック:メディヒール ティーツリー、VTシカマスクどちらかをつかっております。

安物ではなく、すこしお値段がはるスキンケアの方がお肌に良いのではないかと思い、日々キールズラインを使うようにしていますが、使い初めはすごく良いと思っていたものの毎日使っているとお肌が慣れてきたのか効果が感じられなくなり保湿も物足らなくなってきました。ニキビができにくくなるようなスキンケアを模索中です。

ダイエットは基礎代謝が大事

基礎代謝というのがまずダイエットにおける重要な要素の一つとなります。【評判以上!】スララインを購入して使用した口コミ&効果!

そもそも体温を一定に保っているのにもカロリーを使っているわけです。僅かに体を動かすとしてもとにかく大事なカロリーを消費しているわけで、それら全ての基本的に必要になってくるであろうカロリーというのを基礎代謝といいます。

これは人によって大きく違ったりするのですが何で違うのかと言うと体の大きさが違うからです。筋肉量も人によって全然違うわけですからそれによって基礎代謝の量が全く違うということになりますので、まずは自分がどのくらいの基礎代謝なのかということを確認してみるということからはじめてみると良いでしょう。

それによってやるべきダイエットメニューというのも違ってることになります。極端な食事制限でカロリーを減らすのは良いのですがそれによって筋肉の維持ができなくなってきてしまって、基礎代謝が減ってしまうということはあります。そうならないように、タンパク質などはしっかりと摂取するようにしておきましょう。鍛えるということは一時的に筋肉が増えることによって、どうしても体重が重くなるということはあるわけですがそれでも基礎代謝は高くしたほうがよいでしょう。

肌の味方の常在菌を知ろう

肌に存在する常在菌というものを聞いたことがあるかもしれません。常在菌とは単なる有害な雑菌とは異なるもので、肌にとってプラスになる働きをするものも存在するのです。顔の皮膚に存在する常在菌は大きく2つあり、そのうちの1つが表皮ブドウ球菌です。これはアトピー性の皮膚炎の原因になる菌を倒し、美肌に導いてくれる役割を持っているといわれます。

ビハキュア

表皮ブドウ球菌は肌の角質の小さな隙間などに潜んでいるため、角質落としのケアや洗顔のし過ぎには要注意です。過剰な肌ケアにより、必要な表皮ブドウ球菌まで倒してしまう可能性もあるでしょう。この菌は美肌菌とも呼ばれており、顔の肌だけでなく全身の肌に潜んでいるそうです。顔はもちろん全身の美肌を手に入れたいなら、過剰な洗浄は避けた方がいいですね。運動などで自然と汗をかくことは、表皮ブドウ球菌にとって好ましいといわれています。これは、この菌が汗を好み、栄養にするためです。表皮ブドウ球菌の働きを強めるためにも、適度に汗をかく運動は推奨されます。

もう1つはアクネ桿菌と呼ばれる菌です。以前ではニキビの原因になるとされていたこの菌ですが、昨今では肌を弱酸性に保つ役割を果たしていることが分かっています。これらのように顔に潜む良い菌があることを知ると、過剰なケアをせずに済むようになるかもしれません。適度な肌ケアで、美肌に近づきたいものですね。

加齢のよるお肌の悩み

小学生の頃他の子に比べて顔にそばかすがあることに気付きました。http://aperoma.org/

それは父親からの遺伝でした。その頃から顔の肌を気にするようになり中学生では必ず毎日日焼け止めクリームを塗り学校へ通いました。

二十歳の頃はそばかすと乾燥が気になりデパート勤務という事もありお肌のケアに化粧水1本1万円、乳液1本1万円、美容液などなどセットで10万円以上・・・そのかいあって40代半ばまでは他の40代の主婦と比べるとシワなど無くやっぱりお金をかけてきただけあるなぁと感じていました。

(そばかすは相変わらず残っていました)45歳の時に皮膚科でそばかすを取るためにレーザー治療をしてほぼそばかすの悩みは消えました。そんな浮かれていた48歳の頃からほうれい線、顎の下のたるみ毛穴の黒ずみ、などなど色々なところが気になり毎日鏡を見るのが辛くなってきました。

インスタグラムを見ては顔のマッサージ方法を検索、実行。週2回の顔パック。でも化粧をしていた私を横で見ていた娘が「ママ、顔に地層作ってるの?」って知らぬ間に隠そうと圧塗り。

やっぱり歳には勝てませんね!今はバランスのいい食事を心掛けてたまにコラーゲンたっぷりと補充。あと何よりストレスを溜めないように気を付けています。